ものづくりのまち すみだ3M

すみだ3M運動の最新情報はここでチェック!

3つの運動の頭文字をとって「3M運動」と呼んでいます。

「すみだ3M(スリーエム)運動」とは、1985(昭和60)年にスタートした、墨田区の産業PRとイメージアップ、地域活性化を図る事業です。これは、下の3つの運動を有機的につなぎ合わせ、すみだの産業や産品の魅力を伝えるとともに、ものづくりの素晴らしさや大切さをアピールするものです。

  • 小さな博物館運動

    墨田区の産業や文化に関する
    製品・道具・文献等のコレクションを、
    工場・作業場・民家等の一部を
    利用して展示しています。

  • マイスター運動

    すみだを代表する付加価値の高い製品
    を創る技術をもつ職人で、
    その技術を普及し、後進の
    育成に努めている方を
    認定しています。

  • 工房ショップ運動

    製造現場である工場や工房とそれを
    販売する店舗が一体となっている
    お店です。消費者のニーズに
    即したものづくりを
    目指しています。