株式会社秋谷製作所

アキヤセイサクショ

[業種]大分類:その他の製造業 小分類:時計・同部分品製造業

会社紹介 PICKUP特集

充実の設備環境と不良ゼロの姿勢で、 どんな精密加工にも対応。

多品種小ロット生産に特化した体制

秋谷製作所は、金属および樹脂の多品種小ロット加工をメインに事業を行っている加工メーカーです。製品は、ロボットなど産業用機械の部品、測定機部品、医療機器部品、自動車部品から化粧品の容器まで幅広く対応しています。精密切削加工を得意としていますが、少人数ながら備えている設備が多種にわたり、切削一般から孔あけ加工、打抜き(プレス)加工まで幅広い注文に応じられる体制を持っています。
同社の創業は昭和22 年(1947 年)と古く、65 年を超える実績があります。1970 年代くらいまでは大手時計メーカーの置時計の部品製造が多かったようですが、時計の生産も海外へ移っていったため、以降同社も時計中心から多品種少量型の体制に移行したのでした。ただし特殊な時計の部品は今も作っていて、中小企業センターの1 階展示場の壁にかかっているからくり時計にも、同社製造の部品が組み込まれています。 また、多品種小ロット生産に対応して、先代社長時代の2000 年から2007 年にかけて設備を大幅に拡張し、幅広く精密加工ができる環境を整えています。現社長の秋谷進氏が社長に就任したのは、その後の2008 年のことです。 「社長になったとたんにリーマンショックです(笑。でも、なんとか赤字を出さずに乗り越えて、去年ATC(Automatic Tool Changer)付きのMazak の複合加工機を導入して多品種小ロット体制を強化しました」と秋谷社長は今後の展開にも意欲的です。



先進のNCマシンから職人の技までそろえた加工体制

  • 精密加工

    NC旋盤、複合機、マシニングセンターによる、1mm~300mmの精密切削加工、難削材加工、斜めの細孔あけなどの特殊精密加工に対応しています。

  • 材料問わず

    業界に先駆けて64 チタンの加工を手がけた経験があり、アルミ、ステンレス、タングステン、難削材、特殊合金など材質を問わない加工技術を提供します。

  • 職人の技も

    優れたNCマシンでも難しい加工で、手動での加工でないとできないという注文にも、経験のある職人的技能者が汎用旋盤を使って対応できます。

できないと言わない、不良を出さない

「多いと1 日に3 回セット替えをして注文をこなしています。多品種小ロットの短納期生産が当社の基本ですから、機械設備を柔軟に使えることが重要です。1 円、50 銭とコストを削る努力もしますし、外に仕事を出すこともありますが、難しい加工はなるべく社内で」と秋谷社長は語ります。そのためにも設備を充実させてきました。その結果固定のお客様 からのリピートオーダーを核にしながら、ほかではできない加工を新規の顧客から受注するという仕事の回転ができています。
そして、秋谷社長は「できないと言うのがいやだ」と言います。
「何でできないか、できるにはどうすればいいか考えて何とかします。NC ですべてやろうとも思っていませんし、99%できても残り1%がNC では無理ということもあります。そこを汎用機でできる人がいるかどうかですが、幸い当社には職人的に汎用機を使いこなす社員がまだいます」(秋谷氏)
そしてもう1 つ、「不良は社外に出さないこと」が同社の鉄則です。
「仮に時間がかかっても、不良は出すなと言っています。キズや寸法不良は社内検査で必ず検出し、出荷時には不良ゼロを目指します。集中力が落ちるので、残業もしないようにしています」
そのための測定機、検査機もそろえていますし、微細な孔あけ加工では、内視鏡を使って孔内部を検査してバリを除去しています。内部コストはかかっても、不良率を限りなくゼロに近づける努力は惜しまないという姿勢です。



設備はある、今後の課題は人材

「今後の課題としては、まず人材の採用と育成でしょうね」と秋谷社長は言います。
募集をしたものの思うような人が集まらずに、しばらくは今のままでいこうと考えていますが、人材が必要なことは変わりません。
「当社の仕事は、柔軟に自分で考えていける人でないと難しいのです。私も図面を渡して、自分で考えてと言って、教えるのは後からです。育成では、汎用の機械の使い方を覚えたり、治具を自分で作ることが勉強になっています。人が問題ですね、人がいないと何もできません」(秋谷氏)
工場が手狭になっているので、広いところへ移りたいと思うこともありますが、お客様も工具を作ってくれるところも近くにある今の立地には、ほかに変えられない利便性があるのは確か。
「ですから、人の問題の次は、設備を新しくすることと生産性を上げることです」
と秋谷社長はこれからを展望しています。

動画で見る「株式会社秋谷製作所」

テクノシティすみだ PICKUP企業特集 vol.5-1 「株式会社秋谷製作所」

≪ PICKUP企業特集一覧に戻る

連絡先

住所〒131-0041 東京都墨田区八広2-51-14
TEL03-3619-3618
FAX03-3617-9939
会社紹介 PICKUP特集