有限会社ローノーツ

ローノーツ

[業種]大分類:その他の製造業 小分類:他に分類されない製造業

会社紹介 PICKUP特集

音楽教室、ライブ、CD、放送局…下町発の総合音楽ビジネス企業

教育からCDリリース、放送局、CD/DVD製造まで

ローノーツは、JR錦糸町駅から歩いて数分の場所にある下町の音楽ビジネスカンパニーです。通りに面して大きなガラス窓があって、サテライトスタジオ風に中でライブ放送をしているのが見えるという趣向になっています。会社の代表は大友健氏。2004年に音楽レーベルとして創業し、現在メインにしている事業は、夢を目指す人のための音楽教室、CDやDVDの受託製造と流通、音楽制作とプロモーションなど。
音楽教室は名称を“夢を叶える音楽教室”としていて、プロを目指す人から趣味で音楽をやりたいという人までを対象に、大友氏自身が講師となって専門性の高い個人レッスンを行っています。レッスン講座はボーカル、ギター演奏、ギター弾き語り、作曲、音楽理論など。受講者一人ひとりの志向とレベルに合わせてカスタマイズしたレッスンを提供していて、希望に応じてライブ出演やCDリリース、プロモーションなどの“夢を叶える”サポートまで行うことが可能です。
CD.DVDの製造では「安いぜ.net 激安CDプレス」のWEBサイトを開設している通り、提携している台湾のプレス工場を利用しての低コストでの製造サービスが売り物です。独立したインディーズアーティストや一般個人、グループのお客様の音楽CDを製造するほか、大手ソフトウェア企業のデータCD商品の製造も受注していて、品質は確かです。ジャケットや歌詞カードなどの印刷物も同時に製作可能で、こちらは品質が確かな国内業者に委託しています。さらに、製造した音楽CDを、登録料無料で全国のメジャーなCD販売店に扱ってもらう流通サービスも提供しています。
音楽制作では、自社で育成したり発掘したアーティストと契約して楽曲のプロデュースを行い、CD化やイベントやライブ、メディアでの活動を支援しています。その一環として2017年に錦糸町からの音楽発信をしていく「錦糸町放送局」を開設し、2018年からYouTube Liveをはじめ複数の映像配信プラットフォームにリアルタイム配信するインターネットTV放送を本格化する計画です。

音楽ビジネスを総合的に進める

  • 音楽アーティスト育成

    プロを目指す方向けに、“夢をかなえる”個人レッスンの音楽教室を運営しています。ボーカル、ギター、ギター弾き語り、音楽理論、作曲などの講座があります。

  • CD/DVDの格安製造、流通

    アーティストの依頼を受けて楽曲演奏超低コストでCD・DVD化し、登録費用なしで全国のメジャーCD販売店に流通するサービスを行っています。

  • 音楽イベント・ライブ開催

    大友氏は一般社団法人ピースライブの代表を兼務し、薬物乱用防止や地域活性化など社会的テーマを持った音楽イベントやライブを企画、開催しています。

好きなことが出来る音楽会社をつくった

ローノーツの事務所兼音楽教室、兼スタジオという仕事場の壁には、一面に様々なギターがかかっています。その数20本ほど。これを含めて、代表の大友氏がこれまでに集めたギターは他にも多数あるそう。中には、アメリカのネットオークションでやっと見つけて手に入れた、レアものギターも何本かあります。演奏家でもある大友氏の自慢のコレクションです。
その大友氏が、「日本一のカッコいいレコード会社をつくりたい」ということから会社を立ち上げたのは25歳のときでした。社名の「ローノーツ」は、“生の”とか“加工しない”を意味する「raw」と、音符を意味する「note」をつなげたものです。アコースティックのサウンドにこだわり、加工をしない、アーティストと楽器の素材を生かした音づくりのレーベルを目標にしたためでした。
音楽の世界を目指したのは中学生の頃からです。高校生になりギターを始め、曲を作り、歌もやって、新聞配達の奨学生をしながら専門学校で学び、卒業後は何とか音楽で食べていきたいと短い間にいろいろと模索しました。



「小劇団の舞台音楽作曲で初めてわずかな収入が得られるようになって、その後、22歳でインディーズのアーティストのマネジメントやプロデュースを行うなか、新人の教育も経験し、ライブハウス経営の裏側を見たり、制作の仕事をやりました」(大友氏)
いやな仕事も経験する中で結局思い至ったのが、「好きなことを全部したい」ということ。それが、自分のレコード会社の設立でした。立地として都心部では家賃が高いし、千葉では遠すぎる、ということで選んだのが中間の錦糸町。
「錦糸町はまだ若者向けには未開発な場所で面白いと思いました。以前麻雀荘だったビルの1階を、好きに改造していいということで借りて、防音室を自分で作ったのですが3カ月もかかりました。でも若かったので楽しかった(笑)」(大友氏)

目指すカッコいいレコード会社への道

大友氏は一般社団法人ピースライブの代表理事も務めていますが、ここで行っているのが、墨田区や錦糸町の百貨店、流通店舗、地域団体と連携して開催するイベントの企画、運営です。
「ローノーツの事業の1つとして大規模音楽イベントを考えましたが、より社会的な音楽の可能性を確かめたいと思いました。それで、地元の協力も得て、公共的な場所での収益事業を離れた地域活性化イベントで社会貢献にチャレンジすることにしたのです」
これまでに、薬物乱用防止をテーマにした野外音楽フェスや、文化振興の公式事業としてのストリートライブなどの開催で実績をあげています。
「まだまだ目標である規模には及びませんが、いろいろな事業を組み合わせて相乗効果が出る仕組みはできてきたと思います。今後ボリュームアップとより品質の向上を進めていけば、その理想に近づけると考えています。CDが売れないと言われますが、ライブやイベントの会場では当然売れるのです。対面した狭い規模でのCD販売に対し、デジタルで広く販売できる音楽配信にも力を入れていきます。AIを使った楽曲データの検知が進んできているので、著作権も今より尊重される時代になるでしょう。」
と話す大友氏は、オフラインとオンラインの両面を特性を生かして、目指すレコード会社の実現への道を描いているのでしょう。

動画で見る「ローノーツ」

≪ PICKUP企業特集一覧に戻る

連絡先

住所〒130-0013 東京都墨田区錦糸2-7-9
TEL03-5608-0153
FAX03-6658-5043
WEBhttp://rawnotes.com
会社紹介 PICKUP特集