その他の支援(補助金、連携・交流など)について

あしたの成長に結びつく活動の支援と補助

企業グループづくりを支援

「企業同士協力し合って受注機会を広げたいが…」といった、企業単独では取り組みが難しい課題解決のお手伝いを行っています。
※詳しくはこのページ下をご覧ください。

外部の専門知識の活用を支援

区内企業の産業技術やノウハウと、大学の研究活動、教育活動を結びつけ、企業の経営革新や地域の活性化に役立てよう、という取り組みが「産学官連携事業」で進められています。産業振興に限らない、まちづくり、人材育成、文化振興といった幅広い取り組みが注目されています。
※詳しくはこのページ下をご覧ください。

知的財産権取得補助金

墨田区では、区内の中小製造業の皆様が知的財産権を取得する際の費用補助を行っています。知的財産権の取得をお考えの方は、ぜひこの補助金の制度を有効に使っていただき、商品開発などにお役立てください。

補助の対象となる知的財産権

  1. 特許権
  2. 実用新案権
  3. 意匠権
  4. 商標権

対象者

  1. 中小企業者で、区内に主たる事業所を有すること
  2. 知的財産権に係る出願人であること
  3. 知的財産権に係る出願時に区内で引き続き1年以上事業を営んでいること
  4. 前年度の住民税を滞納していないこと
  5. 知的財産権の活用事業計画があること
  6. 特許権の出願に係る補助にあっては、先行技術調査が終了していること
  7. 大企業が実質的に経営に参画していないこと
  8. 当該補助について、すみだビジネスサポートセンターが実施する商工相談を受けていること

対象経費

知的財産権の出願及び取得に要した経費のうち次に掲げる経費

  1. 知的財産権に係る出願料及び出願審査請求料又は技術評価請求料
  2. 知的財産権に係る特許料又は登録料
  3. 知的財産権の出願及び取得に係る手続を弁理士又は弁護士に委託した場合にあっては、当該弁理士又は弁護士に対する報酬
  4. その他区長が特に必要であると認める経費

補助金額

補助対象経費の合計額に2分の1を乗じて得た額(当該額に千円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)又は20万円のいずれか低い額

補助申請の制限

補助対象事業者が次のいずれかに該当する場合は、この補助金の交付を受けられません。

  1. 同一年度に同補助金の交付を受けた場合
  2. 同一の知的財産権について同補助金の交付を受けた場合
  3. 補助対象事業者が取得する知的財産権について、国又は他の地方自治体からこの補助金と同一の趣旨の補助金の交付を受けた場合
補助申請のご案内 申請書

産学官連携事業の推進

墨田区と早稲田大学は平成14年、包括的な産学官連携協定を結びました。これに基づき、大学の知と地域の資源の融合による「地域全体の活性化」を目指した様々な取り組みを展開しています。

包括連携に基づく主な取り組み

産業振興
  • (1)共同研究等マッチング支援事業

    新しい技術・製品の開発に結びつくような、区内企業と大学との共同研究・開発を支援するために、費用の一部補助や、専門知識を持ったアドバイザーの派遣を行います。

    ●産学官連携共同研究促進支援事業

    区内企業と大学との共同研究・開発や特許等の申請にかかる費用の一部を補助します。

    対象事業
    • 技術及び特許等の実用化または事業化の可能性を探るための実験及び調査
    • 事業初期の段階で、研究の継続の可否を探るための検証
    • 研究の成果から実用化が見込めるという結論が得られたものについて、実用化を目指した研究開発
    対象経費大学等との共同研究に要する経費、原材料費及び副資材の購入に要する経費、機械装置または工具・機器の購入、改良、借用等に要する経費、外注加工に要する経費、特許取得に要する経費、技術調査に要する経費など
    補助率及び補助限度額一事業あたり補助事業対象経費の3分の2の額または50万円のうち、いずれか少ない額
    ●産学官連携マッチングアドバイザー派遣事業

    区内企業が大学との共同研究・開発等を行う際に発生した技術的な課題解決のために、専門的知識を持ったアドバイザーを派遣します。

    派遣回数年度を単位として6回まで(費用:無料)
    マッチング
    アドバイザー
    大学教授、技術士、技能士、中小企業診断士、弁理士など、技術、経営支援等への適切な助言・指導をすることができる方々
  • (2)すみだ次世代モビリティ開発プロジェクト 詳しくはこちら

  • (3)すみだ産学官連携クラブ

    区内の企業が早稲田大学などの研究機関とともに、新製品・新技術の開発や新事業展開に取り組む際の推進母体です。現在、幅広い活動を展開中です。

  • (4)早稲田大学による企業診断

    早稲田大学の学生たちが区内中小企業を訪問し、担当教授の指導を受けながら、独自の観点で企業診断レポートを作成し、経営や技術の改善にアドバイスします。

  • (5)大学・研究機関等への視察会

    区内中小企業の経営者や従業員の方が大学や研究機関等を視察し、技術情報の収集や相互交流を図ります。

  • (6)産学官セミナー

    経済情勢や最先端技術などをテーマに、経営戦略や新規事業などの検討に役立つ講座を開催しています。

人材育成
  • (1)ゼロから始める起業ゼミ

    起業意欲にあふれた方を対象に、早稲田大学と連携して、起業の知識とノウハウを学んでいただく「ゼロから始める起業ゼミ」を開催しています。

  • (2)子ども科学教室

    区内小学生を対象に、芝浦工業大学と連携して、工作を通じてものづくりと科学を学ぶ「子ども科学教室」を開催しています。

まちづくり

活力ある「まちづくり」を目指して、早稲田大学オープン教育センターの「地域経営ゼミ」の学生が企画する地域活性化プロジェクトの実現を支援します。

文化振興

    (1)早稲田大学オープンカレッジに、一般社会人を対象とした全10回シリーズの墨田区提携講座「すみだ学」を設け、地域の企業人や専門家を講師に招いて、歴史、産業、文化など多様な側面からすみだの魅力を伝えます。

    (2)また、これとは別に、学生向けの正式科目としての「すみだ学」のサポートを行っています

異業種交流

複数の異業種の企業が、それぞれ独自の経営資源や情報を多角的に組み合わせることによって企業の経営革新を図る、異業種交流グループの活動の支援を行っています。
また、グループ間の横断的な交流を深めるために結成された、「墨田区異業種交流グループ連絡会議」の活動に対しても支援を行っています。

支援内容

  1. 交流の場として当センターの会議室をお貸しします。
  2. 異業種交流に知識経験の豊富な技術相談員を、コーディネーターとしてグループに派遣します。
  3. グループが自主活動に入るまでの約2年間、運営の支援を行います。
  4. 区は、墨田区異業種交流グループ連絡会議の事務局となりバックアップしています。

すみだ次世代モビリティ開発プロジェクト

区内企業で構成する「すみだ新製品開発プロジェクト実行委員会」が主体となり、早稲田大学、墨田区と連携しながら、「東京スカイツリー」周辺など区内観光スポットを巡る環境にやさしい次世代モビリティ(移動体)の開発が進んでいます。現在までに、小型電気自動車「HOKUSAI」、「HOKUSAI-Ⅱ」、「miniHOKUSAI」が製作され、実用化へのステップへと歩んでいます。

  • 小型電気自動車試作車「HOKUSAI」
  • 公道走行可能な実用性検証車「HOKUSAI-Ⅱ」
  • 実用性の高い小型電気自動車「HOKUSAI-Ⅲ」
  • 車椅子タイプの「miniHOKUSAI」

ゆめ工場(優良工場推進運動)

魅力的で働きがいのある職場環境づくりを行っている企業を選び、3年ごとに「フレッシュゆめ工場」として認定する優良工場推進運動を進めています。平成26年度には27社が認定を受けました。「フレッシュゆめ工場」を区内外に広くPRすることで、区内中小企業のイメージアップと優秀な人材の確保を図るための運動です。