すみだビジネスサポートセンター概要

ものづくりのまち「すみだ」

墨田区は、産業のまち、ものづくりのまちとして発展してきました。その特色としては、まず工場の数が非常に多いことがあげられますが、同時に1工場あたりの従業員は5~6人程度と小規模な企業の比率が高くなっています。また、業種で多いのは、金属機械系工業、プラスチック、ゴム製品、皮革製品、さらにアパレル・繊維、印刷・紙器などで、墨田区の製造業が生活にごく身近な製品と関わりが深いことがわかります。

「すみだ中小企業センター」の開設

こうした特色を持つ墨田区の製造業は、近年、市場での競争が厳しさを増す中で、短納期化やコスト対応、多品種少量生産への転換などの変革を迫られ、さらには下請け的な業態から企画開発型産業へと脱皮していくことが求められてきました。これに対して墨田区は、早い時期から区内産業、特に製造業に対する支援を区政の重要な柱と位置づけ、昭和54年には全国初となる中小企業振興基本条例を制定。翌56年には、区内企業人、専門家、区職員からなる産業振興会議が設置され、区の主要な産業施策がこの会議での議論から生まれていくこととなります。そのスタートが昭和58年、区内企業の交流・展示施設「すみだ産業会館」の開設。そして、昭和61年4月、区内製造業の支援の拠点として「すみだ中小企業センター」を開設しました。

「すみだビジネスサポートセンター」への発展

「すみだ中小企業センター」の開設から30 年が経過し、社会経済状況や産業構造が大きく変化しており、センターが果たすべき役割を見直し、新たな産業支援体制「すみだビジネスサポートセンター」を構築しました。
新たな産業支援体制は、区内企業をはじめとした、すみだに関わる全ての企業にとって、最も身近で頼りになる「まちの診療所」をコンセプトに掲げ、製造業に限らず、幅広い業種の区内企業を対象に支援施策を展開していきます。また、相談体制のワンストップ化を実現するため、墨田区庁舎内に設置し、より事業者皆様の利便性向上に繋げます。
「すみだビジネスサポートセンター」の実施にあたっては、実践的経験と専門的知識を有する「産業コーディネーター」を配置し、幅広い産業・業種のあらゆる課題に対応します。